入れ歯

精密な入れ歯をお届けしますdentures

歯を失った後も快適な毎日を

歯を失った後も快適な毎日を

名古屋市中区・新栄町のみさとデンタルクリニックでは、虫歯・歯周病などの病気や事故などで歯を失った場合でも、きちんとものが噛めたり、食事が楽しめたりするなど、快適な毎日を送っていただくために精密な入れ歯の治療を行っています。
入れ歯は“お口にぴったりフィットしたもの”を使用することが大事で、合わない入れ歯を使い続けているときちんとものが噛めないだけでなく、他の健康な歯に負担がかかるなどお口の中で様々なトラブルを引き起こす場合があります。

上下の総入れ歯の場合、特に“精密さ”が重要

きちんとものを噛んだり、食事を楽しんだりするためにはお口に合った入れ歯を作ることが大事ですが、上下の顎に総入れ歯を入れなければいけない場合、特に“精密さ”が重要となります。
上下の総入れ歯をお作りする時には精密な歯型取りが必要で、これを怠るとお口にぴったりフィットする入れ歯はお作りできません。
当クリニックでそうした精密な治療を行える環境を整えておりますので、フルデンチャーが必要な際はお気軽にご相談ください。

歯科技工士と意見交換してクオリティを高めます

入れ歯の治療では、実際に入れ歯を作製する歯科技工士とのコミュニケーションが欠かせず、当クリニックでは歯科技工士と何度も意見交換して、治療のクオリティを高めるようにしています。

特に自費の入れ歯など精密なものを作製する時にはこうしたやり取りが大事で、歯科医師が指示するだけでなく、歯科技工士側からも意見してもらって、患者様の満足に繋げるようにしております。

こんなことでお悩みではありませんか?dentures

  • 固いものがしっかりと噛めない
  • 入れ歯を入れると痛い
  • ぐらついたり、外れたりする
  • 今使っている入れ歯が口に合っていない
  • 入れ歯を目立たせたくない
  • 入れ歯を入れていても、食事を楽しみたい

など

このようなことでお悩みでしたら、お気軽に名古屋市中区のみさとデンタルクリニックへご相談ください。

当クリニックの入れ歯の種類dentures

当クリニックでは保険適用の入れ歯以外にも、審美性の高いものや装着感に優れたものなど、自費の入れ歯をご用意しております。
ゆっくり時間をかけたカウンセリングで、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明したうえで、その方のお口に最適なものをご提案させていただきます。

レジン床入れ歯(保険の入れ歯)

レジン床入れ歯(保険の入れ歯)

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯で、保険適用なので費用のご負担が少ないですが、自費の入れ歯と比べて痛み・噛みにくさ・ぐらつきなどの違和感が起こりやすいです。

メリット
  • 保険適用
  • 比較的容易に調整・修理できる
デメリット
  • 装着時の違和感が大きい
  • しっかりものが噛めない場合がある
  • 部分入れ歯の場合、金属の固定具が目立って口元の審美性が損なわれる

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属の固定具(クラスプ)がない部分入れ歯で、入れ歯が目立ちにくく、口元の見た目を気にせずにお使いいただくことが可能です。
「入れ歯を目立たせたくない」という方におすすめです。

メリット
  • クラスプがなく審美的
  • 装着時の違和感が少ない
  • お口にフィットしやすい
デメリット
  • 耐久性が低い
  • 調整・修理が難しい

金属床入れ歯

金属床入れ歯

床部分に金属を使用した入れ歯で、金属を使用するので耐久性が高くなり、薄く仕上げることができ。装着時の違和感が抑えられます。
また熱伝導に優れていて、食べ物の温度差が自然に感じられて食事が美味しく味わえるようになります。

メリット
  • 耐久性が高い
  • 入れ歯を薄くすることができ、装着時の違和感が抑えられる
  • 食べ物の温度差が自然に感じられ、食事が美味しく味わえる
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがゼロではない

052-262-1133

WEB
予約

x

新型コロナウイルス感染対策